シンデレラバードとは

「大和肉鶏」は、名古屋種とニューハンプシャー種、シャモとを交配した奈良県の地鶏です。通常ブロイラーが60日間かけて育てられるのに対し、大和肉鶏は、120~140日かけて育てられています。肉の特徴は、弾力と歯応えがあるにもかかわらず、ジューシーで鶏本来の旨味を感じて頂ける地鶏として、人気です。

その大和肉鶏の中でも、鶏の胸肉に多く含まれている疲労回復成分、イミダゾールペプチドを多く含むように育てたものが、「シンデレラバード」と言います。

この育て方は、特許も取得しており、この鶏肉を扱っているのは、当社だけになります。

是非、大和肉鶏の中でも特別な鶏にしか与えられない称号である「シンデレラバード」をご堪能ください。

株式会社エムワイピー
大兵取締役社長 増井 義久